内省録

人間的に成長し、大好きな人に認めてもらえるまでの内省を記録します。

邂逅

今日は上京してきた友達と東京でご飯を食べました。その後温泉に入ってきました。

京都で4年ともに過ごしてきた友達と、東京にきて会うのはなんとなく不思議な感じでしたが、結局会ってすることは何も変わらないんだなと思いました。結局温泉行くとこまでそのまんまだなと。おっさんみたいな趣味ですが最高でした。

とはいえ、今は社会人としてのコミュニティに属していないからこそ、強く繋がっていられるのだと思います。もし今後、新たに会社という繋がりができて、そこでの紐帯が人生の比重を大きく持つようになるとそうはいかなくなるのかなーとか考えると少し切なくなりました。本当にどうなるんだろう。あいてがどうなるかもわからないし、自分もどう変わるんだろう。

ただどうあっても、これまでのつながりは大事にしたいし、感謝の気持ちを持ってこれからもみんながつながり続けられるように自分が気を回さられる人間になりたいなと思いました。自分がなんとかする、という気持ちを忘れずにいたいです。あたらしい環境に慣れると人間は何かを刷り込まれて何かが見えなくなると思います。見えなくなる何かに敏感になって、環境に咲いて聞かされないようにいたい。馴染むことも大事だけど、刷り込まれるだけにはならない。大事にしたいです。