読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内省録

人間的に成長し、大好きな人に認めてもらえるまでの内省を記録します。

読書

今日の1日は内定先の課題図書を読んでいました。まとまった時間をとらないと全く消化できないのですが、やっと1冊読み終わりました。「思考・論理・分析」というタイトルの本で、人間の思考とはそもそも何なのかとか、論理的に考えることを根本から体系的に学びなおせました。マッキンゼーで戦略コンサルタントをやっていた波頭亮さんの著書で、10年くらい前の本ですが普遍的に価値のあるものはいくら経っても色褪せないとはこのことだとわかりました。

その本を読み終えた後は、エクセルの練習をしていたら1日が終わっていました。エクセルも読書もインプットにものすごく時間がかかるし、自分の仕事に活かせるようになるまでも時間もかかるだろうし、投資だとおもわないとなかなかやってられません。一つのことを掘り下げられた日ではありましたが、薄いといえば薄い1日でした。

法学部のテスト勉強も、受験期の勉強も似たような感じで、1日を終えて薄いなと感じることがとても多かったです。やはり人と何かをするのでないと「やった感」はでないもんなんだなと感じました。このブログも、薄い日は薄いなりの内容と分量になってしまうのは悩みです。もちろん一人で考えることは多く、反省の念も絶えなくてため息も多かったです。それと最近独り言が増えました。自分の最低な行いのせいで彼女の気を滅入らせてしまったこと、今も人を信じられなくさせてしまったこと、そのせいでこれから東京に行くのに不安な思いや寂しい思いを独りでさせてしまっていることなど、想像すればするほど不憫で申し訳ない気持ちになって、自分のダメさに独り言で叫んでしまうことが最近よくあります。本当に、自分のやったことは一生償っていかないといけないんだと感じます。本当に本当にごめんなさい。今は独りになって心を入れ替える時間だと思っているので、ここで失ったものの大切さを芯から理解し、相手の気持ちを考えて優しくできるようになって、二度と信頼を裏切ったり傷つけることをしない人間になります。それだけでなく、考え方や人としての余裕など根本的に人間として変わって、以前よりも理想に近づきたいです。彼女を安心させられるくらいになります。自分にはもうこれしかないと思うので、それにむけて日々を乗り越えて行くことを頑張ります。

明日は久しぶりの出勤です。スーツもクリーニングに出したし、営業も3件いくので気合をいれて頑張ります。みんなの力になりたいです。うまくいきますように。