内省録

人間的に成長し、大好きな人に認めてもらえるまでの内省を記録します。

理想

今日は日曜でしたが、朝から会社説明会のお手伝いをしてきました。

自分は座談会のお手伝いをさせてもらい、会社の事業やキャリア選択、自就活の進め方について話しました。説明会の後は、役員の人にお供して、優秀な学生の面談もさせてもらいました。そして座談会や面談において、会社として掲げる理想の世界観などに触れる中で、今日は追い求めるべき理想の自分について考えていました。

その中でも、彼女に言われた理想の人間像の一つとして「頑張ってる姿を見て自分も頑張ろうと思える人」というのが最も目指したい姿です。自己中心的で情けなく、最も裏切ってはいけない人を裏切ってしまうずるい自分を変えなければならないという危機感をもって毎日過ごしていますが、正直、ただ誠実になっただけでは自分は彼女に認めてもらえないと感じます。誠実になることなど当たり前のことです。それができていない自分が論外だったのです。

もちろんこれまでの自分を根本から変え、誠実で前向きで、彼女のみに尽くす人間でありたいというのは最優先で毎日を過ごしています。今のこういった心境の自分がいるのは彼女のおかげです。このチャンスを逃せば自分は最悪の人間で終わってしまうと感じています。でも、それだけではなく、「付き合っていた頃以上の人間」にならないと彼女を幸せにできないと思います。これまでどおり彼女を我慢をさせることとなってしまい、彼女の理想とする暮らしも提供できないでしょう。

なので自分は、頑張ると決めたことにこれまで以上に時間と労力を注ぎ、何かに向かって努力をし続けられる人間になりたいと考えています。だから今日は自分の価値が最も発揮できそうな部分を考えながら頑張ろうと1日を過ごしました。

そして、こういう日を1日完結の自己満足で終わらせてしまっては進歩しないと感じます。結局、今までの自分は「頑張る→休む→ゆっくりする→頑張る」くらいのスパンで頑張るスタイルでしかなかったです。そうした自分を変えるためにも、現在はこうして自分の心境を拙いながらも記録しようという気持ちを持つことで、継続できています。ただ、始めたばかりなのでもっともっと長く続けて必ず変わった自分を証明していくので見ていてください。

 

そして今日もいろいろな学生をみて思ったのは、「応援したくなる人」の条件として、何かを継続でき、頑張ってこれた人というのは絶対あると思います 。ダメな自分を自覚する、そして乗り越えることなしに何かを継続することは出来ないと思います。そして継続ができる人は周りへの感謝や期待に応えたいという信念を持つので、しんどいことからも逃げません。

そのことを考えても、浮気をしたり、正当化したり、すぐ弱音を吐いていた自分は、人から応援されるような人間になりきれてなかったと思います。この1月はそんな自分を葬るために絶対に人間として頑張らなければいけない時期です。

 

筋トレ、瞑想、ブログ、関西支社バイト、絶対に漏らさず頑張り切ります。