内省録

人間的に成長し、大好きな人に認めてもらえるまでの内省を記録します。

一人

最近一人の時間を多く作っています。自分の弱くてずるい部分を見つめ直す時間を設けようと思ったからです。

今日も、内定先の人事・社員さんと会う以外は、元あった予定をキャンセルして、一人で過ごすことを選びました。

一人で、これまでの自分の言い訳、正当化、浮気心をもう一度順を辿って考え直してみました。そしてがそれらの悪行が大事な人の信頼を裏切ってしまったことや、誠意のない行動の結果深く傷つけてしまった彼女のことを考えていました。自分がもし彼女の立場だったらどれだけ悲しかっただろうと考えてみたりもしました。二人の関係を壊してしまった自分の悪行の酷さを自覚し、彼女への申し訳なさで胸が苦しくなりました。ほんとうに、もう一度土下座して謝りたいです。本当にごめんなさい・・・。

謝ってもあやまりきれないくらい自分はひどいことをしました。優しさに甘えて、女心を理解しない、彼氏として最低な自分を再確認しました。泣かせるようなことをしてしまった自分を殺してしまいたいです・・・本当に申し訳ありませんでした。もう、本当に自分は情けなく、最底辺の愚か者でした。

ひとりで自分と向き合う時間を持てたおかげで、自分のダメな部分が本当にたくさん見えてきました。こういうダメな部分を治さない限り、ひとりの人間として生きて行く価値もないように思えます・・・。彼女に残した傷を一生かけて償っていく上でも弱くずるい自分を乗り越えて、まっとうな人間に変わらなければと感じています。これまでの醜い自分を忘れず、自分の心を入れ替えて、人として生まれ変わろうと思います。本気でそう思います。

でも、意識するだけでは自分は急激に、短期間で、根本から変われないとも思いました。精神的に自分と向き合う時間をもっと作らねばと危機感を感じました。

なので新たな試みとして、座禅をして瞑想することと、筋トレをして弱い自分の限界を超えることを始めました。自分という人間のダメな部分を治すには、どんなにしんどくてもやり抜く力をつけねばならないと思います。そのためにも、心身ともに鍛えるための座禅と筋トレをかならず毎日やりきります。座禅をして考えたこと、筋トレをして感じたこともおいおい記録していこうと思います。一度言ったことは有言実行、かならずやりきります。