内省録

人間的に成長し、大好きな人に認めてもらえるまでの内省を記録します。

初端

今日入社しました。研修もまだまだウォーミングアップ感がすごくて、今日やったことは本当に大したことなかったです。本当に導入のための時間です。小さな会社ですが、稼いでるだけあって余裕ができてるんだと思います。導入の時間に余裕を持って投資できるのは、成長している会社だからこそなんでしょう。

頭を使っていまマックスで自分に何ができるかを考え続けるのは大事だなと言うのが今日の気づきです。受け身だといくらでも受身になれました。とくにウォーミングアップでしかない研修をしているいまは本当にそうです。何もしなくても1日が終わる。だからこそ、何かしてやろう、役に立とう、成果を上げようと考え続けることが大事だなというのは今から始まっている気がしました。

環境の変化が早い会社でなければじっくり学ぶことが出来ますが、業界自体が変化が早く学び続けなければ淘汰される会社なので自分はそれ以上に成長しなければいけません。それを身を以てされた意味ではよかったです。

明日も頑張ります。今日は早く帰ってきてカレー食べてお風呂はいって洗い物してすぐ寝そうです。早く寝て明日に備えます。

安静にして身体を大事にしてね。




花見

今日は入社の1日前でしたが、お花見に行ってきました。会社のイベントでないとこうして人混みのなか外に出ることもないので、ありがたくはありました。ただ、思ったよりも東京には人が多く、トイレにも大行列ができていて、こんな中みんなが花見に繰り出す日本は平和だなと思いました。

花見ではたくさん飲まされるかと思いきや楽しく飲んで話してが出来て、とても緊張していたのに安心しました。それよりも入社するにあたっての明日の初日への緊張感が欠けていて、むしろ明日失敗しそうだなと思って本当に怖いです。なんとか頑張らないと行けないのは明日なんです。本当に気を引き締めて、晴れ舞台の初日を楽しんでいこうと思います。頑張る、という言葉を楽しむ、に置き換えたら少し前を向けるような気がしていて、もっともっと楽しむ気持ちを忘れずにどんどん前に進めたらなと思います。

お互い、しんどい時もあるでしょう。でもそういう時こそ前を向いて楽しんで乗り切っていこう。しんどいときはしんどい気持ちを半分こして乗り切れたらいいな。応援してるから、いつでも半分こにしよう。


最近、攻殻機動隊の映画がとても見たいです。休みが合うといいな。

焦燥

社会人生活を目の前にして焦りがあります。このまま社会人になる瞬間がどんどん目の前に迫ってきていて、自分がうまくやれるか、なにか変なことをやらかさないか不安になってあまり落ち着いて過ごせていません。

だから今日はただひたすら情報収集をしたり、料理を作ったりして過ごしました。

wifiがないのでテレビをみて時間を消費してしまった節もあって反省してます。

ただひとつ自分のなかで収穫があったのが、昨日の会で有名な人とつながれる機会をもてて、今度お話を聴きに行けることとなりました。自分の将来をジャンプさせるためにいい機会をもらえたので、これからはそういう機会に敏感になって逃さないようにひとつずつ積み上げていくしかないのだなと思います。

最近学びの総量が減ってきているのかもしれないと思って、もっともっと足で稼いで自分から学びを取りに行かねばと思います。

裏技ではなく、地道な積み重ねで勝ちます。頑張ろう。wifiを拾いに来たマクドからお送りしました。

予備

予備校連中との繋がりがまだある飲み会。 こういう繋がりをいくつもつないでいって、幸せな人生をつくりたい。
明日から社会人、頑張ろう。

邂逅

今日は上京してきた友達と東京でご飯を食べました。その後温泉に入ってきました。

京都で4年ともに過ごしてきた友達と、東京にきて会うのはなんとなく不思議な感じでしたが、結局会ってすることは何も変わらないんだなと思いました。結局温泉行くとこまでそのまんまだなと。おっさんみたいな趣味ですが最高でした。

とはいえ、今は社会人としてのコミュニティに属していないからこそ、強く繋がっていられるのだと思います。もし今後、新たに会社という繋がりができて、そこでの紐帯が人生の比重を大きく持つようになるとそうはいかなくなるのかなーとか考えると少し切なくなりました。本当にどうなるんだろう。あいてがどうなるかもわからないし、自分もどう変わるんだろう。

ただどうあっても、これまでのつながりは大事にしたいし、感謝の気持ちを持ってこれからもみんながつながり続けられるように自分が気を回さられる人間になりたいなと思いました。自分がなんとかする、という気持ちを忘れずにいたいです。あたらしい環境に慣れると人間は何かを刷り込まれて何かが見えなくなると思います。見えなくなる何かに敏感になって、環境に咲いて聞かされないようにいたい。馴染むことも大事だけど、刷り込まれるだけにはならない。大事にしたいです。

区切

今日は最後のサークル練にいって、同回に見送られて上京しました。
これまではなあなあに区切ってきたからそこまで寂しくなかったのですが、いざ一区切りきっちりつけるとなると寂しさが違いますね。まさか同回に新幹線お見送りされるとはおもわず、そんな同回を持てたことが本当に幸せです。4年間、離れずにサークルにいてよかったなと思えた瞬間でした。

その後も最後のサークル練ということでメッセージをくれたひとつ下のやつらもいて、やっぱり思いを形にしたり言葉にしたり行動に移すと人の気持ちをここまで動かせるんだなと思ってこれまでの自分を反省しました。新しいコミュニティに属するからには、これまでの改善点を生かして、もっと周りに評価されたり感謝されたいです。成長したなと自分でも感じられるまで、人に愛される存在になります。まだまだ人間としてしょうもないと思うし、もっと人の気持ちに敏感でいたいです。自分に足りてないところだとわかるので、気をつけて顰蹙を買わないようにせねばです。

明日は洗濯機が来て、引っ越しがひと段落します。靴と服は買ったので、腕時計をそろそろ見つけないとです。明日頑張って見つけます。新生活はお金がかかりますが、いいものを身につけていいオーラを纏いたいです。
大変な時に輝ける人間であるために、人の気持ちを汲めるとともに、身なりはきっちりいけるように頑張ります。

無為

着々と日々が消化されていく中で、今日はゆっくり過ごしました。いつも実家に帰って時間があるときにお参りする神社を周り、地元のおいしいパン屋さんでパンを買って家でコーヒーを飲みながら食べる日を過ごしました。正直それ以外のことをしたかと言われたらほぼしていません。1日というのはこうもまったり過ごしても1日だし、忙しく過ごしても1日なんだなと思います。

今日みたいな日を無駄な日、と言えるのかもしれませんが、卒業式の後の学部の懇親会で学部長が言っていたのは、無駄なことなんて何もない、と言うことでした。すべてのことに意味がある、無駄なように思えることでも学ぶ姿勢や感性を忘れなければ何かに繋がることがある、と解釈しています。だらだら過ごすにしても、何も考えずだらだらするのでは無駄なのかもしれないなと思います。一方、無駄なんてないとわかりつつあえて無為な時間を過ごすことには意味があるように思います。これは瞑想のようなものかと思います。人間は思考するものですが、そこであえて自分を無思考に追い込もうとするのが瞑想です。ただ頭空っぽなのと、瞑想ゆえの無思考は全くの別物です。そんな瞑想みたいな日をあえて自分で設けて過ごせると人生が豊かになれるんじゃないかと思いました。

ただ、この瞑想の日々を送れるのは環境があってこそだったなとも思います。地元の、親がいるこの家でこそです。上京前にこうして知れたことは財産ですし、何気ないことのなかに幸せはたくさん潜んでいるんだな、今まで自分は気づいてからなかったんだなと感じました。感謝の気持ちは絶対に忘れずに生きていきたいと思えた日でした。

東京行くのが不安だけれど、頑張らなきゃなあ。東京行かせてくれることにも感謝して、恩に報いなければと思います。お互い頑張りましょう。支えられるところはたくさん尽くすので!